がん検査の種類にはどんなものがあるか?−がん保険比較・選び方
必要なガン保険保障比較

がん検査の種類にはどんなものがあるか?


がんの検査は通常、まず画像診断や腫瘍マーカーと呼ばれる身体に負担の少ない方法でおおよその診断をつけておき、その後がん細胞があるかどうかを見る病理検査によって最終的な判断を行います。

画像診断の代表例がX線検査ですが、より精密なデータを取りたい場合にはMRI検査、CT検査が行われます。MRI検査でもCT検査でも造影剤を注射して行われます。また最近ではPETと呼ばれる検査方法も普及しつつあります。

腫瘍マーカーとはがん細胞が作り出す特有の物質のことで、それらを見ることはがん細胞が体内にあることを示すマークとなります。

上記のような方法でおおよその診断をつけた後、最終的には病理検査を行います。これは体から細胞を採取し、がんであるかどうかを検査するものです。

評判がん保険会社の
資料で保障・保険料比較!
保険市場
人気保険ランキング
↑↑↑
資料請求無料



がん保険比較・選び方TOP

Copyright(C) 2010
安心して利用できる
がん保険比較・選び方