化学療法−がん保険比較・選び方
必要なガン保険保障比較

化学療法


がんの治療法には大きく手術、放射線治療、化学療法の3つがあります。化学療法とは薬を使ってがんを治療することですが、抗がん剤による治療とホルモン療法が代表です。

手術や放射線治療はその効果は身体の一部のみに有効であるのに対し、抗がん剤は一度に全身に作用するという特徴があります。従って全身に転移しているがんにも有効であるというメリットがあります。抗がん剤のデメリットは副作用が起こりうるということです。がん細胞だけに効くような薬を作るというのは難しくどうしても正常な組織にも作用してしまうからです。

ホルモン療法は、乳がんや前立腺がんなどに有効な方法ですが、目的はがん細胞の発育を防ぐことにあり、放射線治療等を補助する役割だと考えてよいでしょう。

評判がん保険会社の
資料で保障・保険料比較!
保険市場
人気保険ランキング
↑↑↑
資料請求無料



がん保険比較・選び方TOP

Copyright(C) 2010
安心して利用できる
がん保険比較・選び方