脳腫瘍−がん保険比較・選び方
必要なガン保険保障比較

脳腫瘍


脳腫瘍は大きく5つの種類に分けられます。脳を包む膜にできる「髄膜種」、脳から出る神経にできる「神経鞘腫」、脳下垂体にできる「下垂体腺腫」、グリア細胞からできる「神経膠腫」、他のがんが脳に転移した「転移性脳腫瘍」の5つです。

脳腫瘍の検査は、造影剤を使ったCTやMRIによる検査が一般的です。

神経膠腫の場合、脳の正常な部分との境界が不明確なため手術で全部を摘出することは困難であり、再発の予防のため、手術後の放射線治療や抗がん剤治療が行われます。転移性脳腫瘍に対してはガンマナイフと呼ばれる装置を使った放射線治療が有効です。髄膜種や神経鞘腫、下垂体腺腫の場合、脳組織の外側にできる腫瘍に関しては外科手術などが行われます。

評判がん保険会社の
資料で保障・保険料比較!
保険市場
人気保険ランキング
↑↑↑
資料請求無料



がん保険比較・選び方TOP

Copyright(C) 2010
安心して利用できる
がん保険比較・選び方