本人型、家族型−がん保険比較・選び方
必要なガン保険保障比較

本人型、家族型


がん保険や医療保険では一家の大黒柱であるご主人の保障をつけ、それにご家族の保障をおまけとしてつけるようなタイプのものもあります。例えばご主人ががんで入院したときには1日1万円の保障が出るが、その奥様が入院したときにも1日7,000円の保障が出る、というようなものです。

このようなタイプは確かに安い保険料で保障を得られるというメリットはあるものもしご主人が死亡したり、離婚したりした場合、奥様の保障が消えてしまうかもしれないというデメリットもあります。中にはご主人死亡後は保険料が免除され奥様の保障は残るというタイプもありますが、その分のお金は保険料の中にあらかじめ含まれているはずです。

またがん保険に限らず全ての保険においては、そもそも保障するべき保険金額はそれぞれの人によって異なってくるものでもあります。決してご主人の保障の「おまけ」でつけるべきものではありません。ここでは家族のそれぞれが自分に見合った個別の保険に入ることをお勧めしておきます。

評判がん保険会社の
資料で保障・保険料比較!
保険市場
人気保険ランキング
↑↑↑
資料請求無料



がん保険比較・選び方TOP

Copyright(C) 2010
安心して利用できる
がん保険比較・選び方


[PR] 婚活サイト/ 軟式テニス/