差額ベッド代−がん保険比較・選び方
必要なガン保険保障比較

差額ベッド代


病院に入院する場合、6人部屋などの大部屋に入院するのが一般的です。その場合のベッド代は入院費に含まれます。しかし個室を希望する場合は「差額ベッド代」を支払う必要があり、これは全額自己負担となり高額療養費制度の対象にもなりません。

がんになったとしても数日間の入院のみで治療が終わるのであれば大部屋でも構わないかもしれません。しかしもし入院が長期化するようなことになる場合には、個室に入っておきたいと考えることもありえます。がんは入院が長期化する可能性はありますから、もし入院した時に個室に入りたいと考えている人は、がん保険の入院日額を厚めに設定して、その分を差額ベッド代に充当させるということも考えられます。

評判がん保険会社の
資料で保障・保険料比較!
保険市場
人気保険ランキング
↑↑↑
資料請求無料



がん保険比較・選び方TOP

Copyright(C) 2010
安心して利用できる
がん保険比較・選び方


[PR] 医療事務 資格/ イルミネーションスポット/ 無料求人広告/